古美術品の見分け方を見てみよう

image茶道具は元来中国から伝わってきたという歴史があります

image

茶道は日本に古くから伝わる文化ですが、茶道具を購入したいと思っている方や、茶道を始めようかと考えている方もいるでしょう。しかし、思ったほど知られていないのが、茶道具がどんな歴史を持っているかについてです。茶道を始めるに当たって、茶道の歴史を学ぶことは大切ですが、茶道具の歴史についての知識も重要です。茶道具というものは、その歴史とともに常に変化し続けており、元々日本で作られていたのではなく、中国から伝わってきたものであるという歴史があります。

本来、茶道とはギャンブルのようなものであり、この金銭をかけて、お茶を当てるという勝負を行っていました。そういった事が進化したのが茶道となります。他にも、当時は、茶道というものは、お茶が主役ではなく、高価な茶道具を使うためのものでした。最初に高価な茶道具があり、茶道についてはそれからの物なのです。

このため、茶道具は、最初のうちは、中国の磁器などが使用されてきました。この一つが、唐物という中国製の磁器です。これは、見た目もバランスが取れていて美しく、その頃は大変高価な物でした。特に当時は武士社会の間でも茶道具は人気で、非常に貴重な高い物に対しては争いが行われてきたということも多くありました。稀には、人を殺してまで手に入れるということもあり、その時から貴重であったとされています。

茶道が今のような様式になったのは千利休の影響が大きく、茶道はこのような高価な器を使用したものから、徐々に今日のような形に変化していきました。質素倹約の概念をお茶に取り入れた後に、それが茶道具にも出現しました。楽茶碗という陶器がその後作られ、これが茶道において使われる茶道具となりました。これは中国製の磁器と同じで、均等が取れている形ではなく、いびつで、柔らかい質感が感じられます。このように、初めは、中国製磁器などが使われてきた茶道ですが、現在では、日本製の道具が主となりましたし、形もさまざまなものが出てきているものが現状です。