古美術品の見分け方を見てみよう

image日本人に欠かせない茶道に必要な茶道具の種類はとても多いです

image

はじめる機会を見つけるのが難しいですが、日本人であれば一度はたしなんでみたいものが茶道です。日常の誠克の中で直接茶道やお茶の世界と触れ合うことは少ない人も多いですが、一度でも海外に出た経験がある人であれば日本人として茶道について無知であると恥ずかしい思いをすると分かるものです。茶道は日本人にとっては手放せない文化であり、異国の人から見ても妙味がある文化です。

そういう位置付けの茶道ですが、用いる茶道具はとても多いです。種類だけでも10以上あり、わからないものからすると複雑です。そういったこともあり、近年は茶道から離れる若者が多いです。しかしながら一つ一つの茶道具を覚え、さらに意味を理解することでよりお茶の世界をエンジョイすることができます。今は多く種類が存在する茶道具も、通販などでは一式セットを購入することもできます。価格もまちまちですが、自分の水準に合ったものを使用することをおすすめします。

茶道具として一番定番でよく知られているのが、百本点などの茶筅でございます。抹茶は他のお茶と違い、この茶筅でよく点てて飲みます。ほとんどの茶筅は竹で作られており、価格も多岐に及びます。その他には茶碗や釜、抹茶をすくうためのヘラのような道具もあります。本当にたくさんの種類があるので、全部を覚えるのはなかなか大変です。

また扇子などのように、お茶をいれるのに直接は使わなくても、茶道具として使われているものがあります。扇子は、閉じておくことで、境界線を意味するのです。お茶を飲むその行為は、現実の世界とはまた違った世界に入るという意味もあります。そういった役割があるのが扇子です。最初からすべて自分で選んでそろえようと思えば費用もかかるし、どんな商品を選んだらいいのか分かりません。そのような人のためには、茶道具セットを購入することをおすすめします。特に初心者には、さほど高額な道具を購入する必要はありません。使いやすい道具を選択し、お茶に慣れたころに自分のこだわりのものを少しずつそろえていくことをおすすめします。茶道の世界が分かれば、たくさんの種類の道具選びも楽しくなります。